# UiPath Developer Conference Japan 2018

RPA - The Technology behind the Future of Work

カンファレンス アジェンダ

UiPath製品を使いRPA開発をご担当されている皆様に、弊社のRPAコンサルタントが直接、
最新機能や製品戦略など様々な技術情報をご紹介するとともに、
皆様と弊社RPAコンサルタントとの意見交換などネットワーキングの機会をご提供いたします。

  • [開催概要]
    会期:2018年7月10日(火)| 受付開始9:30
    会場:東京コンファレンスセンター品川
    〒108-0075 東京都港区港南1-9-36アレア品川3F-5F

  • 主催:UiPath株式会社
    参加費:30,000円

規定人数に達したため、登録を締め切りました。
ご登録ありがとうございました。

9:30 am -
受付
プログラムは予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
10:00 am - 10:10 am
オープニングスピーチ

長谷川 康一
代表取締役CEO
UiPath Japan

10:10 am - 10:40 am
UiPathグローバル戦略について
UiPathのグローバル戦略と日本への取り組みについてご紹介します。

Daniel Dines
共同創立者兼CEO
UiPath

10:40 am - 11:20 am
UiPath製品戦略と製品ロードマップ
UiPath製品の最新の機能と製品戦略をご紹介します

Param Kahlon
UiPath
チーフプロダクトオフィサー

11:20 am - 12:00 pm
大規模で堅牢なUiPath導入を実現する
ガバナンスのベストプラクティス
RPAは今後益々企業のインフラとして欠かせないものになってきます。RPA大規模導入における課題と
安定稼働させるためのガバナンスのベストプラクティスをご紹介します。

阿部 卓矢
UiPath
プロダクトソリューション本部
テクニカルアカウントディレクター

12:00 pm - 13:30 pm
昼食休憩
13:30 pm - 14:10 pm
Orchestratorによる大規模RPAプロジェクトの
安定稼働:スケーラブルでレジリエントな
RPA基盤実現に向けて
UiPath Orchestratorは大規模なRPAプロジェクトを安定稼働させるために欠かせないツールです。
Orchestratorのアーキテクチャー、拡張性・可用性を実現するために必要なインフラ設計、
およびサイジングの考え方についてご紹介します。

Quentin Brandon
UiPath
プロダクトソリューション本部
プロダクトマネージャ

14:10 pm - 14:50 pm
安定稼働を見据えたワークフロー作成における
ベストプラクティス
安定したRPAの運用のためには、適切なガバナンス設計やインフラ構築の他、
ワークフローの実装内容にも影響されてきます。
ここでは安定稼働を見据えたベストプラクティスとして、ReFrameworkを用いたワークフロー作成、
及びその進化モデルや、テスト自動化の可能性などについて、デモを交えてご紹介いたします。

八塚 俊次郎
UiPath
プロダクトソリューション本部
RPAソリューションアーキテクト

14:50 pm - 15:10 pm
休憩
15:10 pm - 16:10 pm
RPA x AIインテグレーション ~
オープンなRPAプラットフォームが拓く
業務自動化のこれから
UiPath RPA Platform上のロボットからAIを呼び出したり、逆にAIからロボットを呼び出したりする
ことによって、従来よりも高度な業務を自動化できるようになります。
いくつかのデモンストレーションを交え、RPAとAIの融合がもたらす業務自動化の将来形をご紹介します。

中田 浩暁
UiPath
プロダクトソリューション本部
テクニカルアカウントディレクター

ゲスト講演者

倉知 陽一
富士通株式会社
デジタルフロントビジネスグループ
シニアディレクター

渡久地択
AI inside株式会社
代表取締役社長 CEO

藤原 雄
SMFLキャピタル株式会社
情報テクノロジ本部
デジタルイノベーションラボ
デジタルリーダー

Adam Gibson
Skymind Founder CTO

16:10 pm - 16:30 pm
UiPath ハッカソン
「Power Up Automation - Craft the future of RPA」について
UiPathが現在開催している世界最大級のハッカソン、
「Power Up Automation - Craft the future of RPA」をご紹介します。
今回のハッカソンではUiPath Studioを使いオープンで再利用可能なロボットの次世代型部品の開発を競ってもらいます。

石崎 磨己
UiPath
プロダクトソリューション本部
RPAインフラストラクチャ
ディレクター

16:30 pm - 16:45 pm
総括

Daniel Dines
共同創立者兼CEO
UiPath

長谷川 康一
代表取締役CEO
UiPath Japan

17:00 pm - 19:30 pm
懇親会 (Networking)
パートナー

ゴールドパートナー

  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 株式会社電通国際情報サービス
  • 株式会社野村総合研究所
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
  • 株式会社パワーソリューションズ
  • PwC
  • TIS株式会社

認定リセラー

  • Avanade
  • Abeam
  • 株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • 富士通株式会社
  • グローシップ・パートナーズ株式会社
  • 株式会社日立システムズ
  • 株式会社インテック
  • JFEシステムズ株式会社
  • 関電システムソリューションズ株式会社
  • コベルコシステム株式会社
  • 三菱総研DCS株式会社
  • クオリカ株式会社
  • さくら情報システム株式会社
  • SCSK株式会社
  • 株式会社サン・プラニング・システムズ
  • 株式会社システムソフト
  • 日本タタ・コンサルタンシ―・サービシズ株式会社
  • 株式会社チュートリアル
  • 日本ユニシス株式会社
  • バーチャレクス・コンサルティング株式会社